授乳後 バストアップ

卒乳後のおっぱいにハリを与える為に…

どうにかしてババアおっぱいにハリを与えたい…

 

で、ボンキュートを飲んだり、体操したり、姿勢を正して見たりする前に!!!


基礎的なことを理解していた方が断然結果につながります。

 

と、いうことでここではまず胸の大きさを決めるメカニズムを紹介していきますね!

 

胸の大きさってどうやって決まるのか。

そもそもどうなってるのか深く考えたことがないという方がほとんどかと思います。
(わたしもそうでした・・・)

 

でもこれを理解すると、その後の対策が大きく変わっていき
育乳をするに辺りめちゃくちゃ効率よくなるので是非覚えておいてください!

 

バストは9:1でほとんどが脂肪。

 

胸のほとんどは脂肪で作られています。割合は90%で脂肪、残りは乳腺となります。
※乳腺とは母乳を作る組織のことを言います。

 

じゃぁ脂肪を増やせばおっぱいも大きくなるでしょ!と考えてしまいますが…。

 

残念ながらそう簡単にはいかないようなんです。

 

 

ですから、太れば巨乳、痩せれば貧乳ということではないので、
しっかりとポイントを抑えて、グラマーを目指しちゃいましょう!

 

1割がおっぱいの大きさを決めている。

なんと上記で出した乳腺の1割がバストの大きさを決めているのです。

 

驚きですよね…。

 

乳腺は母乳を作る組織だと言いましたが、
その1割の大切な乳腺を守る為に脂肪があるのです。

 

ですから、現状胸が小さい人は乳腺が原因というわけです。

 

 

分かりやすくすると…

乳腺の発達が乏しい⇒脂肪がつかない⇒胸がない

という形になるわけです。

 

ですから、育乳する為には乳腺を発達させることがとっても大切になってくるわけですね!

 

じゃぁ乳腺を発達させるにはどうするの??

 

乳腺には女性ホルモンの分泌がとっても大切になります。

 

ホルモンバランスによって体全体にも大きく影響してきますので、
正常に循環させることを心がけていきましょう。

 

女性ホルモンを正常に分泌させるためには…

 

まず大前提として習慣を整えていくことです。

 

いきなりボンキュートなどのサプリメントに頼るのではなく、

 

あくまでも根本的なベースを作る為にも生活習慣の改善がもっとも重要です。

 

バランスのとれた食事、良質な睡眠、運動
当たり前の様なことを正すことで、ホルモンバランスも正常に整っていきます。